danse macabre

c'est la vieな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく迷った本

暫く前に「今日買った本」を列挙しました。
重さ8キロだったあの日。

私は本を買いに行くと、
ぴこん☆
ときたものは取り敢えず、全部買います。

電子マネー決済なので、
いちいち値段見てません。
殆ど迷いもしません。
たとえ20冊買おうが、本屋に居るのは10分も掛からない。
(見るところが決まっているから)

芸術関連、
文芸書、
文庫新刊
海外文学

をざーーーーーーと見て、
レヂに行くだけなので。

ただ、あの日だけは珍しく迷ったw
非常に迷いました。

で、一回本屋を出て、
ビアズリー探しに、
ヒルトンの中のジュンク堂に行って、
まあ無かったんですが、
ずーっと迷ってたんです。

で、ホテルグランヴィアのロビーで夕方5時くらいですか。
ビール頼んで、
グランヴィルの画集眺め乍ら
これで3000円は安過ぎる、と突っ込み乍ら
迷ってました。

まあ、何故迷ったかって、

これです。

IMG_0407_convert_20111201025148.jpg

超小市民なので、
なんかこの本高そう、と値段を見たんですね。
で、一回は外に出た。

グランヴィアで一人悩んでます。

本と漫画合わせて2万超えて、この上8000円かあ.....
うにゅー...

とか思ってたんですが(3分くらい)

迷うって事は欲しいのよね

自分、「神曲 完全版」は値段見ないで買った。
2000円しか変わらん。
しかもあの本一冊しかなかった。

後悔するぞ。

と思って、残ってたビール一気飲みして結局買いました。

それがこれ。

IMG_0405_convert_20111201025033.jpg

マルキ・ド・サド全集 第六巻

「恋の罪・壮烈悲惨物語」

はあ、タイトルと装丁に惹かれて、
まあジャケ買いですねえ。

サドはいつか読んでみようとか思ってたし。

で、暫く経ってから、
読み始めました。

風呂に浸かり乍ら。

「小説論」から読んでるんですが、
凄いですねえ。
何がって、表現が。
訳も巧みなんでしょうが。

自分が認めた作家を華麗過ぎる言葉で大絶賛し、

認めない作家や人物は苛烈なる毒舌を以て罵倒。

いやあ、すげえわ、サド!
買ってよかったわ!とかなったわけなんですね。

一番最初にこの人天才、とか思ったのは

「どこにあっても人は祈らねばならず、
どこにあっても人は愛さねばならぬのだ。
そして、ここにすべての小説(roman)の基礎がある。」

という処でした。

次は

「私は、地獄の色調でしか罪を描かぬつもりだ。
私は、罪が裸の姿で見られ、恐れられ、忌み嫌われればいいと思っている。
(中略)
罪を薔薇色で飾りたてる者どもに災いあれ!」

この時点でもう既に、買ってよかった感倍増。

で、次の
「ジュリエットとローネーあるいはアンボワーズの陰謀、歴史物語」
を読みました。

台詞の美しいこと。
ジュリエット、ローネー、カステルノー男爵、みなかっけー!!
と一人風呂で読み進めました。
取り敢えず、公爵、貴様が死ねとか思い乍ら。

で何が凄いって、

ジュリエットとローネーは恋人、男爵はジュリエットのパパで捕まってます。
男爵救出大作戦の為にジュリエット、ローネーに云いました。

死んでちょうだい、ローネー。

ジュリエットすげえ。
「私も貴方の仇を討ってから後を追うわ!天国で会いましょう」的な事を云います。
そしてローネー、
君を僕の様に愛せる男などいない!」的な事を云い切って、
マジで死にに行きました。

フランス人すげえ。

まあ結末は云いません。
美徳とは何ぞや、といった処でしょうか。



なんせ、買ってよかったです。

私のぴこん☆はあまり外れません。
漫画はたまに外れるw

これからどんな短編が待っているかは解りません。
帯の煽りは強烈です。

ただ、「災いあれ!」を念頭に読めば、何が起ころうが平気でしょう。
欲望には闇と毒が在るが世の常で御座いましょう。

しかし、「小説論」ラスト1文

「最高の軽蔑こそ、今後私がそうした連中の中傷とたたかう際の
唯一の武器になろう。」

を読んだ瞬間、

全集揃える事を決意しました。


でもね、ひとつ、謎なんですけど、
買って家で気付いたんですが、

IMG_0406_convert_20111201025240.jpg

これってヴェサリウスじゃないのかなあ、
とか思うんですが、

どうなんでしょうね。

という事で、
今から酒飲んで薬飲んで、
意識途切れる迄、続きを読む事に致しましょう。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://trinitylady.blog72.fc2.com/tb.php/1788-7d99a7fc

 | HOME | 

プロフィール

烏兎

Author:烏兎
頭の悪い子の日記

最近のトラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。