danse macabre

c'est la vieな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点灯式

私が5年半を過ごした母校は
キリスト教主義の大学です。

「キリスト教学」が一年生の必修科目、
各学部の校舎にチャペルがあり、
毎朝礼拝が行われています。

3、4年生の時には毎日礼拝に行ってました。

そんな大学が本気を出す季節がやってまいりました。

そう。クリスマスです。

クリスマス行事が、半端ないくらい気合い入っております。

で、今日はクリスマスツリー点灯式でした。
アドベントになると点灯され、
25日まで夕方から夜まで光り輝く校舎です。

早めに行って、
ぷらぷら散歩して、
ああ懐かしいなあとか思って、
何時観ても非日本的な建築群ですこと。
と思いました。

時間になり、芝生に集まり、礼拝が始まりました。

グルーベル院長のメッセージがとても印象的でした。

「理想の社会をただ待つだけではなく、
自分で出来ることをしてみませんか?
あまり仲がよくない人と仲直りの言葉を交わしたり、
少なくても募金をしたり、
何か始めてみませんか」

というもので、
そうだなあ、と思いました。

で、色々な代表の人たちが釦を押すと
一斉にツリーが輝いて、歓声があがります。



こういう状態です。
携帯のカメラなので、なんとも気の抜けた写真ですみません。
実物、
吃驚イリュージョン的に綺麗です。

点灯式には行ける時、行くんですが、
何時行っても、中等部の諸君もかなり来てます。

でね、彼らは大きな声で賛美歌も歌い、
祈祷の後には確りとした声で「アーメン」と復唱します。

こういう中等部の諸君を見ていると、
伝統っていいなあ、と思います。

そんな諸君はいつも式終了後、集合写真を撮ってます。

IMG_0379_convert_20111129035026.jpg

こんなかんじです。
キャンドル持ってるんです。


さてツリーに近づくと

IMG_0380_convert_20111129035050.jpg

こんなかんじです。

初めて観た一年生の時に、真剣に

此処は本当に日本ですか?

と思ったものです。


あの美しい校舎で5年半勉強出来た事、
あの大学を母校と云える事は私の財産です。
あそこに行かなければ学べなかった事、
出逢えなかった人たちが居ます。

総てが私の宝物です。
スクールモットー

Mastery for Service(奉仕のための練達)
は何時も頭の何処かに在ります。

私に此処に行く様、
説得した兄上に感謝しています。

まあ入って2年間は
何で此処来ちゃったの?
ケーザイなんか勉強したかねーよボケ!

と呪い続けてましたけど。


アドベントの間、
自分に何が出来るのか、
少し考えてみようと思います。


ちなみに
大学名ですが、

非関西圏の方には、
正確に発音してもらえないと思いますねえ。

一番しか歌うことが無かったので
憶えてないのですが、
校歌がとても好きでした。

美しい旋律と歌詞だと思います。

追記に歌詞だけ載せておきます。

校歌「空の翼」 北原白秋作詞  山田耕筰作曲

風に思う 空の翼
輝く自由 Mastery for Service
清明ここに 道あり我が丘

関西 関西 関西
関西学院

ポプラは羽ばたく
いざ響け我等
風 光 力
若きは力ぞ

いざいざいざ
上ヶ原ふるえ
いざいざいざいざ
上ヶ原ふるえ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://trinitylady.blog72.fc2.com/tb.php/1782-2b4a6b24

 | HOME | 

プロフィール

烏兎

Author:烏兎
頭の悪い子の日記

最近のトラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。